カードローンかクレジットカードか?

キャバ嬢がカードを発行する際にカードローンとクレジットカードではどっちが審査が難しいか、結論からいうとカードローンの方が審査が難しいです。
まずカードローンとクレジットカードの違いですが、クレジットカードはその場に現金が無くてもカードさえあれば購入可能です。
しかし、カードローンはその場に現金が無い場合はカードローンで支払いという事はできません。
カードローンは現金を借りる事に特化したカードですのでカードで支払いはできないのです。
ですがクレジットカードはクレジット会社が商品の金額を肩代わりして支払うという仕組みになります。

 

カードローン審査がより「信用」が必要とされ難しい

ではなぜカードローンの方が審査が難しいといえるのか。
例えばAさんが財布をクレジットカードで購入したとします、
その場合クレジット会社に肩代わりしてもらった財布の所有権は肩代わりしてくれたクレジット会社にあるという事になります。

 

しかしカードローンは現金を直接やり取りするので担保となるものがありません。
無担保で現金を貸しているわけですから申込者の信用性が高くなければ審査に通る事はできません。

 

収入が安定した正社員であればどちらも審査に通るのは難しい事ではないでしょう。
しかしキャバ嬢等の安定しない職に就いてる人となれば、信用性が重視されるカードローンの方が審査が難しいといえます。

 

クレジットカードの審査が通らなければ、ローンカードも通らない可能性は高いと思われますが、絶対に通らないという訳ではありません。
ただ客観的にみて通らなくなる可能性が高いといえるだけです。

 

かといってカードローンに落ちたからクレジットカードを受けようとすれば審査に不利となります。
審査に落ちたという情報は共有されているので「審査に落ちた」というレッテルが付くでしょう。

 

申し込むなら消費者金融がオススメ

いきなりローンカードを申し込むのはおすすめできませんが、水商売だからといって必ず落ちるという訳でもありません。
なので、どうしても現金が必要という事であればカードローンを申し込むのもありだと思います。
その場合は、できれば、銀行が提供するカードローンよりも、アコム、プロミスなどの消費者金融のほうが、審査面でメリットがあります。

 

クレジットカードもカードローンも審査の基準に差はありませんし、職業によって差別的に審査されるということも絶対にありません。
クレジットカードよりローンカードの方が審査が難しいというのもあくまで客観的にみた情報であり確実な情報ではありません。
審査の難易度の差もそこまで大きくはなく小さな差だと思います、最近では消費者金融や銀行の審査も緩くなっている傾向にあるのでローンカードもクレジットカードも「安定した収入」次第かと思います。