風俗勤務でも借りれる?

キャバ嬢でも借りれるローンは風俗嬢でも借りられるか、それは完全に人次第という事になるでしょう。
キャバ嬢でも風俗嬢でも、消費者金融やカードローンの審査担当は差別することなく審査を行います。

 

両方とも共通点は「客商売」であるという事です。
どれだけ客を付けて収入を得ているかが審査通過のポイントです。

 

なのでキャバ嬢でも借りれたが、風俗嬢は借りられないという事もありますし、その逆の風俗嬢が借りれてキャバ嬢が借りられなかったという例も珍しくありません。
逆に言うと、職種の違いによる偏見や差別が審査のうえで邪魔をすることはないということですね。

 

それよりも、いかに審査に通りやすくする努力をしているかが鍵となってきます。
例えばお店の勤続期間がどれだけあるか、給与明細をしっかり確保できているかなどが重要です。

 

安定した収入プラス、勤続年数が大事

勤続年数1年のキャバ嬢と、勤続年数3年の風俗嬢を比較したら、風俗嬢の方が審査に通りやすくなります。
夜の商売に共通して言えることは、離職率が高い、1つの職場に長期間居着かないというkとです。
なので、勤続年数が長いことは評価されます。

 

世間的にキャバ嬢よりも風俗嬢の方が稼げているイメージがあるかもしれません。
仕事内容ではキャバ嬢の方がキラキラしているイメージですが、審査する側からしたらそういったイメージは全く関係ありません、いかに安定しているかが鍵です。

 

結局は個人の申込内容に依る部分は大きいですが、勤続年数が長く、収入も安定していれば、キャバ嬢より風俗嬢の方が審査に通る率が高いということも考えられます。
ちなみに、都内で働くソープ嬢、ヘルス嬢は1日に平均2〜3万円稼いでいるそうです。
そういった点ではどちらが安定して稼げているかと言われれば、風俗嬢の方が稼いでいるように思えます。

 

結局は申込者がどれだか稼げているか、月々の収入に波なく安定しているかが審査では大きく重要視されるます。
なのでキャバ嬢でも借りれるカードローンは、風俗嬢でも借りれるかと言われれば何とも言えません。
風俗嬢でも借りれるカードローンはキャバ嬢でも借りれるかという逆の質問でも何ともいえません。

 

水商売でも収入があり、事故歴がなければ借りれる

どちらにも共通している「客商売」の世界で安定した収入を得るのは簡単なことではありません、勿論指名されるために自分に投資する金額は多額かと思います、
その為にカードローンの申込をして、借金をしてまで自分に投資するキャバ嬢や風俗嬢は多いと思います。

 

カードローンは限度額であればいくらでも現金が引き下ろせるため、金銭感覚が狂い始めてくる可能性もあります。
そういった点で借金まみれになり生活できなくなるという人も少なくは無いでしょう。
ただし、水商売という理由で、金融事故歴もない人に、お金を貸さないということはありません。安定収入+遅延などの事故歴がないことがなんといっても審査の評価対象です。

 

キャバ嬢でも風俗嬢でもそういった借金をしっかり返すための計画が組まれているか、他の銀行のカードで借金していないかという点は重要になってきます。
どちらも借りやすい借りずらいの差はありませんが個人の情報しだいではその差は大きく広がるかと思います。