年収100万円台でも借りれる

キャバ嬢がカードローンの審査に通る場合、どれほどの年収を稼げていれば良いのか。
カードローンの審査は年収が100万円のキャバ嬢でも十分審査に通ることが出来ます。

 

ですが、借りられるお金の限度額は審査によって変わってきます。
カードローンから借りられるお金の限度額は年収の三分の一となります。

 

例えば年収200万円のキャバ嬢が100万円借りたい場合は、審査通過は厳しくなってきます。
逆に年収500万円稼げているキャバ嬢が100万円借りたい場合は、審査は比較的容易に通過できるでしょう。

 

要するに、年収が多かれ少なかれ審査には通る可能性は十分にあるという事です。
お客様から指名が貰えず年収が100万円程度しか稼げていないからといって諦める必要はありません。
年収が100万円でも限度額30万円であれば審査に通る事はできます。

 

以上のように年収三分の一までしかお金を借りる事ができない規制の事を「総量規制」と言います。
カードローンには基本的に総量規制対象のものが多いです。
アコム、プロミスなど大手貸金業者は、どれも総量規制の対象です。

 

しかし総量規制対象外のカードローンも存在します。
三菱UFJ銀行、みずほ銀行、イオン銀行など、「貸金業」を専門的にしていない銀行は、どこも、年収の三分の一を超えて借りることができます。(審査の対象になるというだけで、確実に借りれる!というわけではありません)

 

もちろんキャバ嬢も例外ではありません。職業的な線引きは全くなしです。

 

審査に通るかは、その人の返済能力次第

ですが年収の三分の一以上借りる場合、カードローンの審査もそれなりに通りにくくなってきます。
例えば、年収300万の人が100万円以上借りたいって言ってるわけです。
そりゃ、貸す側も慎重になりますよね。

 

安定した収入を貰えていないキャバ嬢の場合は尚更です。
ですが必ずしも審査に落ちるという訳でもありません。

 

後は返済能力の問題となります。
年収100万円のキャバ嬢が50万円を借りた場合、金利を含め年収の半分以上を返済する必要があります。
生活費の半分が借金返済に回るので、現実的に生活できないでしょう。

 

カードローン審査に通りやすい年収に具体的な額はなく、その年収に見合った融資希望額を設定できていれば、審査に通る事はキャバ嬢でも難しくはないでしょう。

 

実際に年収100万円未満のキャバ嬢でもカードローン審査に通ったという話をインターネットのサイトでよく目にします。
勿論、年収が高ければその分信用性は増しますし、お金を借りられる額も増えてくるでしょう。

 

しかし、年収が低いからといって審査に通る確率が極端に下がるという訳ではありませんので、あまり問題視するものでもないでしょう。